さほりさんの自虐史観からの脱却

sahorimatu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 07日

吉田清治の捏造本『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』を否定した、地元・韓国済州の新聞記事

f0350840_18165094.jpg

昭和58年(1983)年、吉田清治の著書『私の戦争犯罪・朝鮮人連行記録』が
韓国で翻訳・発売された際に、強制連行の舞台となったとされた済州の『済州新聞』
1989年8月14日に掲載された許栄善記者の署名記事


『済州新聞』 記事の大意は、以下の通り。

開放44周年を迎え、日帝時代に済州島の女性を慰安婦として205名を微用していたとの記事が刊行され、大きな衝撃を与えている。(省略) しかし、この本に記述されている城山浦の貝ボタン工場で15~16人を強制微用したり、法環里などのあちこちで行われた慰安婦狩りの話を裏付け証言する人はほとんどいない。島民たちは「でたらめだ」と一蹴し、この著述の信憑性に対して強い疑問を投げかけている。

 城山里の住民のチョン・タンさん(85歳の女性)は、「そんなことはなかった。250余の家しかない村で、15人も微用したとすれば大事件であるが、当時そんな事実はなかった」と語った。

 郷土史学者の金奉玉氏は「(略)83年に原本(『私の戦争犯罪・朝鮮人連行記録』)が出た時、何年かの間追跡調査した結果、事実無根の部分もあった。むしろ日本人の悪徳ぶりをしめす道徳性の欠けた本で、軽薄な商魂が加味されていると思われる」と憤慨した。

一人の嘘から始まったとんでもない作り話が、河野官房長官(平成4年8月4日)で、日本政府が公式に関与を認めたことになってしまったのだ。

f0350840_1818174.jpg


f0350840_18181174.jpg



信じられない事に、国連などに、従軍慰安婦の訴えをの活動、韓国のロビー活動の内容は、この嘘本を利用しているのです。嘘本を事実として、引用しているのです。
最近、河野談話の信憑性が、検証によっていいかげんなものだったことが、証明され、やっとここまできたのかと・・・・。嘘は嘘でしかない、嘘はいつかばれるとの思いの皆様の活動が実ったことだと思います。
ネットでの無数にある優良ブログによって、多くの人が真実をもとめていることに、心が動かされ、もっと多くの人に広まればと思っています。


捏造新聞の代表格の、朝日は、早く潰れろ!と思うのでした。


[PR]

by sahorikita | 2014-07-07 19:08 | Comments(0)


<< 多数の一般市民を虐殺した連合国...      日本の行動は、侵略ではない。日... >>