さほりさんの自虐史観からの脱却

sahorimatu.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 16日

4.フーバー大統領が明かすルーズベルトの罪状(日米戦争を起こしたのは誰か) ★英仏の「ポーランドとルーマニア」への独立保障

f0350840_16023738.jpg
第三代アメリカ合衆国大統領 任期(1929年~1933年)
ハーバード・フーバー(Herbert Hoover:1874~1964年)

f0350840_16032595.jpg
2011年にフーバー研究所から刊行された
フーバー大統領の膨大な回想録
『フリーダム・ビトレイド』(裏切れれた自由)
この著書は全900ページを超える大著。日本では、訳本はまだ出ていない。
フーバーはこの大著で、東京裁判史観を真っ向から全否定している。

f0350840_16033879.jpg
フーバー大統領の著書を部分的にエッセンスをまとめた本がこちらである。
こちらの本の中の一部、フーバー大統領が指摘した19の過ちを紹介したいと思います。

■第4の過ち ミュンヘン融和の成功と失敗
  「第4の計り知れぬ程に愚かな失敗は、イギリスとフランスとが、ポーランドとルーマニアの独立を1939年の3月末に保障した
  ことである。その時点で、これまで、ヒトラーとスターリンとが戦うことが避けられない状況で在って、その際ヨーロッパの
  民主国家は介入しない方針をとっていたのであるが、その方針が変わったのである。
   これは、ヨーロッパ外交史のなかでも、力関係の外交を見た場合に、歴史上最大の失策であった可能性が高い。イギリスも
  フランスも、ポーランドを侵略行為から救い出す力がなかったのにもかかわらず、この保障によって、ヒトラーとスターリン
  の間に、民主国家の存在を投げ出すことになった。
   これはスターリンをヒトラーから守ることになったばかりか、スターリンは自らの影響力を、一番高く買った者に売ることが
  できるようになったのである。スターリンは、バルト海諸国と東ポーランドを併合した。スターリンは、ヒトラーから獲物をう
  ばったのである。ヒトラーは、南東ヨーロッパに拡張して、モスクワの共産党の本山を破壊することを放棄したわけではなかった
  ので、まず、前進するためには、西側の民主国家の中立化をなしとげる必要があった。第二次世界大戦という長い恐怖の列車が
  このポーランドの(独立)保証という過ちから、発車することになった。ルーズベルトが係わったことは確かであるが、どの程度
  の関与であったかを確定するには、資料が不完全である。
チャーチルは、政権をとっていなかったが、ミュンヘンでヒトラーと
  妥協した後のチェンバレンがめちゃくちゃな行動に出るように駆り立てていった。(p088~p090より)
   
  
 The British-French Guarantee of Poland and Rumania in 1939
 Fourth. The fourth abysmal loss of statesmanship was when the British and French guaranteed the independence
of Poland and Rumania at the end of March, 1939..........(以下省略、原典P877)

 
 説明の対談は藤井厳喜氏×稲村公望氏×茂木弘道氏
 対談の内容の解説を分かりやすくまとめました。↓

   三つ目の失敗「ミュンヘン融和」が、第4の失敗につながってしまった。その第4の失政として「イギリスとフランスが
  ポーランドとルーマニアの独立」を保証したこと。
   イギリスもフランスも、ドイツの侵略を防ぐ力はなかったのに、なぜ保証するのだとフーバーは書いている。
  そのため、イギリスもフランスもドイツの戦争に巻き込まれ、ポーランドはドイツにやられ、さらにソ連にやられた。
  第二次世界大戦後は1991年ソ連連邦が滅びるまでの半世紀、東ヨーロッパは完全にソ連という独裁体制の統制化に置かれてしまう。
  イギリスとフランスがポーランドと独立を保証することで、ドイツとソ連の争いで終わるはずのものが拡大し、その保証のために
  イギリスはドイツに宣戦布告をし、長く悲惨な第二次世界大戦のスタートとなる。
  また、保証する力もないイギリスとフランスは、ヒトラーとスターリンに餌食のように民主国家ポーランドとルーマニアを
  投げ出したようなもので、伝統的、正統的なバランスオブパワーでものを考えていれば、こんなことにはならなかったと
  英仏の外交のまずさを指摘しています。

  ルーズベルトが係わったことは確かであるが、どの程度の関与であったかを確定するには、資料が不完全である。
  注:「十分な証拠がない」とフーバーは嘆いていましたが、
    確かな証拠が『ルーズベルトの開戦責任』(ハミルトン・フィッシュ著)より出てきます。
    イエジ・ユゼフ・ポトツキ駐米ポーランド大使が「ルーズベルト大統領は、ポーランドの独立の為に、英仏側に立って
    参戦する事を約束していた」と証言していることが分かりました。(P090~092)



  ルーズベルトは、戦争前からてソ連に甘い。
  ヴェノナ文書にて、ソ連のコミンテルミンのスパイに囲まれていたことが分かりますが、
  それでもルーズベルトは謎の深い人物であることが浮かびます。
  『ルーズベルトの開戦責任』(ハミルトン・フィッシュ著)を先に読みましたが、見た目にもルーズベルトは重病であったにも
  かかわらず、医者はなんともないと証言させていたり、隠し事がたくさんある。ハル・ノートの存在も数名が知っていただけで
  政府の人間もそんなものの存在も知らず、戦争をしていた。
  『ルーズベルトの開戦責任』(ハミルトン・フィッシュ著)と合わせて読むと非常に興味深い。
  日本だけでなく、アメリカ人をもあざむいていたと考えられます。

  ハミルトン・フィッシュ著 『ルーズベルトの開戦責任』の本のブログも書いています。
  こちらからどうぞ→ http://sahorimatu.exblog.jp/22240480/

  
  

[PR]

by sahorikita | 2016-05-16 16:22 | Comments(0)


<< 5.フーバー大統領が明かすルー...      3.フーバー大統領が明かすルー... >>