さほりさんの自虐史観からの脱却

sahorimatu.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 21日

14.フーバー大統領が明かすルーズベルトの罪状(日米戦争を起こしたのは誰か) ★ヤルタの秘密協定

f0350840_16023738.jpg
第三代アメリカ合衆国大統領 任期(1929年~1933年)
ハーバード・フーバー(Herbert Hoover:1874~1964年)

f0350840_16032595.jpg
2011年にフーバー研究所から刊行された
フーバー大統領の膨大な回想録
『フリーダム・ビトレイド』(裏切れれた自由)
この著書は全900ページを超える大著。日本では、訳本はまだ出ていない。
フーバーはこの大著で、東京裁判史観を真っ向から全否定している。

f0350840_16033879.jpg
フーバー大統領の著書を部分的にエッセンスをまとめた本がこちらである。
こちらの本の中の一部、フーバー大統領が指摘した19の過ちを紹介したいと思います。

■第14の過ち ヤルタの秘密協定
  「ルーズベルトとチャーチルは、致命的な間違いを1945年2月のヤルタで犯した。スターリンが12の国々の独立に対して
  干渉を加えることを追認しただけでなく、数世代に亘って国際関係に危険をもたらす、悪しき勢力の動きを助長するような
  秘密の協定が結ばれた。スターリンが傀儡の国家を7つ作ったことを知りながら、「自由で妨害されない」とか、言葉を
  繕って、スターリンの暴虐に水を差さないで隠蔽した。テヘランに於いて、軍事上の妥協を最も協力に主張した向きも、
  ヤルタでは、そうした主張をもうしなかった」(p119~p120より)
   
  
 Yalta-the Secret Agreements on the Downfall Nations
 Fourteenth. The fourteenth fatal loss of statesmanship was by Roosevelt and Churchill at Yaltain
February, 1945..........(以下省略、原典P880)

 
 説明の対談は藤井厳喜氏×稲村公望氏×茂木弘道氏
 対談の内容の解説を分かりやすくまとめました。↓

 14番目がヤルタ。
 ソ連の要求が増えていって、12になる。ここで12の国々の独立に対して干渉を加えることを追認しただけでなく、数世代に
 渡って国際関係に危険をもたらすような秘密の協定が多数結ばれる。フーバーは「言葉を繕って、スターリンの暴挙に水を
 差さないで隠喩した」と批判しています。人類の自由と品格のためにも反論すべきであったとフーバーは回顧している。

 ★言葉を繕って、スターリンの暴挙に水をささないでということは、どういうことか?
  少し、解説をします。スターリンは、ここを自分の勢力にするという言葉を使わず、自由とか民主政治とかという言葉を
  使い、実際は虐殺などを行い、傀儡国家を作っていったのである。
  例として「カチンの森の虐殺」を上げます。「カチンの森の虐殺」とは、第二次世界大戦中に、ポーランドの将校や
  警察官ら約2万2000人が、ソ連のグニェズドヴォ近効の森で殺害された事件がある。1939年のソ連・ドイツによる
  ポーランド割譲によって捕虜になったポーランド軍人などを、ソ連赤軍がスターリンの命で殺害した事件である。
  当初はナチスドイツによる殺害と言われていた事件である。
   自由とか民主政治という言葉を使いながら残虐な虐殺をソ連は行なっていたのである。これを、ルーズベルトとチャーチルは、
  見てみぬふりすることに決めたということを、フーバーは批判しているのである。


  しかし、日本軍が残虐なことをした!(プロパガンダ)と中国や韓国が言うが、
  世界を見渡して、残虐さを競ったら、欧米もロシア(ソ連)も酷いものである。
  中国人だって簡単に罪の無い人を殺し、朝鮮戦争も罪のない人を多く殺している。
  日本にそんな例があるだろうか?
  捏造のされたことばかりがはびこるのは、日本人は残虐でない証拠だと思っている。
  
 

[PR]

by sahorikita | 2016-06-21 22:34 | Comments(0)


<< 15.フーバー大統領が明かすル...      13.フーバー大統領が明かすル... >>