2016年 06月 26日

16.フーバー大統領が明かすルーズベルトの罪状(日米戦争を起こしたのは誰だ) ★トルーマンのポツダムでの決断

f0350840_16023738.jpg
第三代アメリカ合衆国大統領 任期(1929年~1933年)
ハーバード・フーバー(Herbert Hoover:1874~1964年)

f0350840_16032595.jpg
2011年にフーバー研究所から刊行された
フーバー大統領の膨大な回想録
『フリーダム・ビトレイド』(裏切れれた自由)
この著書は全900ページを超える大著。日本では、訳本はまだ出ていない。
フーバーはこの大著で、東京裁判史観を真っ向から全否定している。

f0350840_16033879.jpg
フーバー大統領の著書を部分的にエッセンスをまとめた本がこちらである。
こちらの本の中の一部、フーバー大統領が指摘した19の過ちを紹介したいと思います。

■第16の過ち トルーマンのポツダムでの決断
  「ポツダムにおけるトルーマンの過ちが、第16番目の過ちである。民主国家では、経験の無い人物に政権が渡され、共産主義者が、
  重要な場所に進出して来た。ポツダムでの合意の全てが、スターリンに対して降参したことを追認したり、拡大することであった。
  共産主義者による併合と傀儡政権が、スターリンとの繋がりを強化されたばかりではなく、ドイツとオーストリアの一部が
  スターリンとの繋がりを強化されたばかりでなく、ドイツとオーストラリアの一部がスターリンの懐に入ってしまうような政府に
  関する条項が決定された。賠償の政策の結果は、米国の納税者の数億ドルもの金が、職を失ったドイツ人の救援の為に使われ、
  かえってドイツだけでなく、ヨーロッパの再興を遅らせた。戦争捕虜が奴隷のようになり、自らの土地から民族追放が行なわれる
  ことが承認され、ヤルタでのそうした愚策が拡大された。これに加えて、指導者の人々の忠告に反して、日本に無条件降伏の
  最後通牒がだされたことである。
アメリカの経験ある多くの専門家が勧告した、天皇(みかど)を維持することを許す救済条項を
  入れないで、無条件降伏を要求したのである。日本側は、回答として、この条件のみを求めたが、原子爆弾が投下された。そして、
  最後になって、この条件が受け入れられた。〔抄訳〕(p124~p125より)
   
  
 Potsdam
 Sixteenth. The sixteenth time ofblind statesmanship was Truman at Potsgam..........(以下省略、原典P881)

 
 説明の対談は藤井厳喜氏×稲村公望氏×茂木弘道氏
 対談の内容の解説を分かりやすくまとめました。↓

 16番目がポツダムでのトルーマンの誤った判断をフーバーは指摘している。
 ポツダム宣言は7月26日です。そしてポツダム宣言を受け入れたのは8月10日。御聖断が下ったのは8月10日の午前2時であった。
  政権はトルーマンに移っているのですが、民主国家では経験のない人物に政権が渡されたと言うのは、共産主義者がいろいろ
 な場所に出現した当時のアメリカのことを指している。
ポツダムでの合意すべてが、スターリンに対して降参したことを追認し
 たり、拡大することであった、とフーバーは批判をしている。
  スターリンはポツダムに来たが、ポツダム宣言には参加していない。それは、日ソ中立条約で、7月26日にはまだ日本と戦って
 いないことが理由である。あとポツダム宣言は日本を武装解除し、兵隊を平和な家庭に戻す、と言ったものである。ところが、
 スターリンは60万人の日本兵をシベリアに連れていった。シベリア拘留のことである。これはソ連による国際法違反の拉致事件
 であり、ポツダム宣言の違反であった。「戦争捕虜が奴隷のように」強制移送したのである。そして、シベリアの拘留者の訳10%
 が殺されている。


 *注 シベリア拘留とは
     第二次代戦後に投降した日本兵捕虜約60万人を、ソ連がシベリアへ強制移送し、強制労働を伴う抑留生活を
    強いたことを総称する。捕虜を日本に復帰させるというポツダム宣言に背く処置であった。拘留中の日本人
    死者は約5万3000人に上るとみられている。


  ★共産主義者というのは、目的を達する為には手段を選ばないこと。このことが強く心に残ります。
   また、非常に残虐な手段や、約束は守らないということも認識します。
   日本を戦争に追いやったのは、共産主義者であったと痛感します。



[PR]

by sahorikita | 2016-06-26 19:57 | Comments(0)


<< 17.フーバー大統領が明かすル...      15.フーバー大統領が明かすル... >>