さほりさんの自虐史観からの脱却

sahorimatu.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 26日

17.フーバー大統領が明かすルーズベルトの罪状(日米戦争を起こしたのは誰か) ★原爆投下

f0350840_16023738.jpg
第三代アメリカ合衆国大統領 任期(1929年~1933年)
ハーバード・フーバー(Herbert Hoover:1874~1964年)

f0350840_16032595.jpg
2011年にフーバー研究所から刊行された
フーバー大統領の膨大な回想録
『フリーダム・ビトレイド』(裏切れれた自由)
この著書は全900ページを超える大著。日本では、訳本はまだ出ていない。
フーバーはこの大著で、東京裁判史観を真っ向から全否定している。

f0350840_16033879.jpg
フーバー大統領の著書を部分的にエッセンスをまとめた本がこちらである。
こちらの本の中の一部、フーバー大統領が指摘した19の過ちを紹介したいと思います。

■第17の過ち 原爆投下
  「第17番目のアメリカの政治の大道からの逸脱は、トルーマンが日本人の上に原子爆弾を落とすという非道徳的な命令を
  下したことである。日本は繰り返して和平を求めていたにもかかわらず。
これはアメリカの全ての歴史のなかで、他に比較
  するもののない残虐な行為であった。これはアメリカの良心に対して、永久に重くのしかかるであろう」(p127より)
   
  
 Dropping the Atomic Bomb
 Seventeenth. The Seventeenth wandering of American statesmanship was Truman's immoral order to drop the
 atomic bomb on the Japanese, Not only had Japan been repeatedly suing for peace but it was the act of unparalleled
 brutality in all American history. It will forever weigh on the American conscience.(以下省略、原典P882)

 
 説明の対談は藤井厳喜氏×稲村公望氏×茂木弘道氏
 対談の内容の解説を分かりやすくまとめました。↓

 17番目が原爆の投下。トルーマンが非道徳の命令を下した。これは、トルーマンが原爆を落としたこと。
 アメリカの良心に永久に重くのしかかる事件であると、フーバーは素直にその過ちを認めている。
 実行したのはトルーマンだが、計画を作ったのはルーズベルトです。



[PR]

by sahorikita | 2016-06-26 19:58 | Comments(0)


<< 18.フーバー大統領が明かすル...      16.フーバー大統領が明かすル... >>