さほりさんの自虐史観からの脱却

sahorimatu.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 25日

今国民は自己を治めえない。過去の征服の権利と伝統とによって韓国は日本に所属するべきものと考える

f0350840_18491380.jpg


ホレイス・ニュートン・アレン(Horece Newton Allen 1858-1932)は、アメリカ、オハイオ州生まれ。プロテスタント宣教師・医師・外交官。1897-1905年には駐韓アメリカ公使・総領事を務め、鉄道の敷地設権や金鉱の採掘権の獲得を果たした一方、親韓派(反日)で、「朝鮮独立」の擁護者でもあり、韓国擁護をワシントンに説いたために、セオドア・ルーズベルト大統領に1905年に更送された。

アレンは朝鮮の独立を支持し日本に敵対的な見方をしているが、そのアレンですら次のように記している。

■英文
A Collection of Sketches and Anecdotes, Missionary and Diplomatic (F.H.Revell Company, 1908),p.59より

Poor Koreans, you have waited too iong. Perhaps had your Iand been tossed and riven by earthquakes and volcanoes you might have been shaken out of your contented sleep. But while you slpt and dremed and cared for naught but to be let alone, your ancient enemy has been busy learning the arts of those strange folk you see even now, wending their way up your ancient path to you her teachers, and you,
once a teacher but nou a decrepit old ex-officio, what can you hope for when your land is wanted by your energetic erstwhile pupil.

■日本語訳
かわいそうな朝鮮人よ。あなた方はあまりに長く待ちすぎた。もし朝鮮の地が地震と火山によって破壊されたなら、満足の眠りから目覚めたかもしれない。しかし朝鮮が夢をむさぼり外国に無関心でいる間に、朝鮮の仇敵である日本は今あなた方見ている見慣れぬ西洋人の技術を学ぶことに奔走し、あなた方の先王が築いた要塞へ続く道を這い上がって来ている。彼らは技術を学んだ後、かつての先生であった国を征服した。かつて彼らの先生だったが今は老いさらばえて隠居した朝鮮は、元気旺盛なかつての弟子があなたたちの国土に手を伸ばしている今、何を期待できるというのか?

更にワシントンの担当者に「感情的な理由で米国が韓国を支援すれば米国は大きな過ちを犯すであろう。今国民は自己を治めえない。私は親日派ではないが、過去の征服の権利と伝統とによって韓国は日本に所属すべきものと考える」「今の戦争が終わったときに日本は韓国問題を片付けるだろうと想像する。日本の韓国併合は、韓国民にとってもまた極東の平和にとってもよいであろうと考える」と書き送っている。

解説
まず、「かわいそうな朝鮮人よ」と言う発言は、李氏朝鮮の朝鮮人は本当にに悲惨であったことを物語っています。プロテスタントの宣教師達は、この悲惨な朝鮮人をキリスト教を布教し、救うことに生きがいを感じていました。朝鮮はいきすぎた儒教によって、人権がない状態の人達が大勢いた。そんな人をキリスト教に改心させることによって、儒教からの開放していったのです。
病院や、キリスト教の学校などを建て、慈悲の精神で彼らに接していました。

「かつての先生であった国を征服した」というのは中国、清国のことをいっているのでしょう。
「かつて彼らの先生だったが今は老いさらばえて隠居した朝鮮は」という表現では、この宣教師は、韓国の考え方を素直に疑わず、中華思想というのも全く知らず、今の日本人のように「南京大虐殺はあった」と認めている日本人の姿のようにも思います。
朝鮮のいうことをすべて真に受けていたのでしょうね。

宣教師は、日本にも江戸時代、明治時代とやってきているのですが、日本では布教はあまり成功しません。識字率も高いし、そんなに悲惨な生活も送っていない。キリスト教に転向する理由がないのです。ところが、韓国や中国では、かわいそうな人達が大勢いて、やりがいがあり、キリスト教宣教者達は、韓国、中国には親近感があるのです。

だから、宣教師で親日の人はほとんどいないのです。やりがいのなさと布教活動が実らない為、国へ帰って言い訳として日本の悪口を言うそうです。

ルーズベルトは、ロシアのコミンテルミン(共産スパイ)に囲まれていて、いかに日本を戦争におびき出すか?の思案がある為、貧乏な朝鮮のことなんか頭にないし、余計な事いうな!という感じで更送されてしまったのでしょう。あくまでも、これは推測ですが・・・・・。

ホレイス・ニュートン・アレン氏は、貧乏で悲惨な李氏朝鮮が自力で豊かになることは無理だという見解を持ち、アメリカが独立を応援しないなら、日本が併合して豊かになるのであれば、それもいいだろうとの思いを語っています。アメリカ政府は、持ち出しで独立を支援するのはまっぴらごめんと、いうこと。
ホレイス・ニュートン・アレン氏は、公平な感覚を持った宣教師だと想像し、朝鮮の人々に尽くされたのだと実感します。布教が実らないからといって、言い訳として、日本の悪気口を言う宣教師って人格低い。

韓国や中国は、国家感を上だ下だ、兄だ弟だのややこしい感覚で語るな!と思うのでした。
[PR]

by sahorikita | 2014-07-25 22:32 | Comments(0)
2014年 07月 19日

韓国は日本の保護(日韓併合)によって新生命、新光明に浴している

f0350840_1646106.jpg

ジョージ・トランブル・ラッド(Georgo Trumbull Ladd. 1842-1921)はアメリカ、オハイオ州生まれの心理学者、哲学者。実験心理学の先駆者。1881年~1905年に引退するまでイェール大学で教鞭を執る。
1892年、初来日し、帝国大学(現在の東京大学)で公演。初来日の翌1893年に、アメリカ心理学会の第2代表会長に就任。1906~07年にも来日している。


神学者であり、教育学者でもあったラッド博士は、著書『伊藤侯爵と韓国にて』の仲で、日本が大韓帝国の外交権を掌握し保護国とした1905年から3年間の目覚しい変化について以下のように記している。

■英文一部紹介
George Trumbull Ladd, In Korea with Marquis Ito(Longon:Longmans, Green &Co.,1908) P168より

Natonally, a new life opens before Korea. Japan has her veteran statesman to advise and quide Korer, the man to whom in the largest sense Japan owes so much the most conspicuous stateman in Asia to-day, Marquis Ito. Plans for the reform of the Government, codification of the laws, development of the industry and business of the people, and extension of education, have been formulated, and in a comparatively short time most promising results achieved. In spite of difficulties which necessarily for the for the present encumber the situation, the outlook is most ishopeful.

日本語訳
韓国は日本の保護によって新生命、新光明に浴している。高い政治道徳を重んずる進歩的であり、円満である伊藤総督によって、韓国人は暗黒時代から光明世界に導かれ、未開時代から文明時代に進むべく手を取られて進みつつあり、旧来の久しい悪政から免れ、彼らの生命財産は確実に保護されつつあって、あらゆる面において3年間に2倍の進化を遂げた。

補足:ラッド博士は、様々な功績により旭日中勲章(勲三等)および旭日重光章(勲二等)を受賞。1921年の逝去後は、遺灰の半分は横浜市鶴見区の總持寺に分割され、境内には碑も設置された。息子のジョージ・トールマン・ラッド氏が1934年に訪日した際は、150人もの僧侶によって盛大に儀式が催されています。


韓国は、「日本は植民地支配した!!」といいますが、実際はどうだったのか?
写真で併合前と併合後を比較したいと思います。

それ以前の様子をイギリス人旅行家のイザベラ・バードはこう記しています。(英国婦人の見た李氏朝鮮 朝鮮紀行より)

城内ソウルを描写するのは勘弁していただきたいところである。北京を見るまでわたしはソウルこそこの世でいちばん不潔な町だと思っていたし、紹興へ行くまではソウルの悪臭こそこの世でいちばんひどいにおいだと考えていたのであるから!
f0350840_16465423.jpg


鼻が曲がりそうな糞尿の悪臭は、朝鮮半島諸都市の悪しき名物になっていた。
家々から出た汚物は路地の穴や溝に流れ込んだ。
f0350840_16464054.jpg

これが家なんです。その周りは、糞がいっぱいあったのでしょう。

1911年発行『日本之朝鮮』という書には洗濯の様子を撮ったものがあります。
小川というより、排水溝のような細い流れに女性たちが密集している。
前述の通り衛生事情は最悪で、川には糞尿が流れ込んでいた。

ソウルの「風光」のひとつは小川というか下水というか水路である。ふたのない広い水路を暗くよどんだ水が、かつては砂利だった川床に堆積した排泄物やごみのあいだを、悪臭を漂わせながらゆっくりと流れていく

これで洗ったことになったのだろうか。と。

そういう臭気におさらばする日がやってきた。日韓併合にてインフラが整備されソウルは清潔に!
朝鮮版朝日新聞に「平壌の臭気一掃 いよいよ糞尿地下タンク新設」の記事が掲載されたのは1938年12月11日です。

f0350840_1647875.jpg

この一達は、犯罪者でもなんでもありません。奴隷なんです。李氏朝鮮には、奴隷がたくさんいたのです。
もちろん人身売買も。

f0350840_1647134.jpg

この人達も奴隷なのです。こういう風習を悪しき風習として、日本は廃止しました。
李氏朝鮮では、女性は名前もなく、人権などありませんでした。
それも、日本が女性にも名前を持つように、改正し、女性も守られるように悪しき風習をなくしていきました。

日韓併合が始まりソウルは近代的になった。
f0350840_16473422.jpg


日本人と朝鮮人も仲良く過ごしている和やかな写真
f0350840_16472969.jpg


こちらはピクニック?
f0350840_16472315.jpg


韓国は、日本によって近代化されたり、生活その他が向上したことが許せないのです。
韓国から考えると、自国から守られたこともなく、親切にされたことがなく、唯一日本の統治時代が幸せだったのです。あまりにも、悲惨で過酷な生活と息苦しくなるような儒教を崇拝することが、唯一のプライドだった為、コンプレックスが国全体を覆い、それが民族性に・・・。それを開放したのが日本なのです。
しかし、日本が敗戦すると、自分達は負けたものと一緒じゃない。我々は、戦勝国だといい始めます。李氏朝鮮時代の事大主義が突如出てきます。日本人は、これが理解できません。
朝鮮のような民度の中で培われた精神は、日本人には無理なんです。
理解しようとしても、限界があり、理解できないと認識した方がいいと思っています。

日韓併合でした悪しき風習の改善も、一時のもので、李氏朝鮮への時代に戻っていっているような感じを受けます。中国の属国でどんな目にあっていたのかも知らず、中共と仲良くしていっている韓国を見ると、
『へびの前のかえる』状態でも、わからないのは、さすが韓国と思います。


















[PR]

by sahorikita | 2014-07-19 19:31 | Comments(0)
2014年 07月 14日

多数の一般市民を虐殺した連合国が、日本の責任を問う資格があるはずはありません

連合国は、国際法で禁止されている原子爆弾という残虐な武器を使用しました。

f0350840_2247305.jpg

           ベン・ブルース・ブレイクニー

ベン・ブルース・ブレイクニー(Ben Bruce Blakeney) 1908年、米オクラホマ州生まれ。
オクラホマ大学、ハーバード大学卒業。1942年に入隊。陸軍少佐として占領軍将校であった。国際法と外交関係に詳しく、ジョージ山岡と並んで日本領を理解する数少ないアメリカ人弁護士の一人だった。ブレークニーは、東京裁判の弁護人となり東郷茂徳、梅津美治両被告を担当した。ブルーエットやファーネスとならんでアメリカ人弁護士の代表的存在として知られている。

東京裁判で、東郷茂徳、梅津美治朗の弁護人を務めた米国のベン・ブルースブレークニー弁護人の弁論を紹介する。弁護士であったブレークニー弁護人は、国家の行為である戦争責任を問うことは法律的に誤りであること、嫌悪すべき行為であっても、戦争による殺人は合法であり罪ではないことを、法に照らして明瞭に述べたのであった。

■以下英文

 Is murder their conseiences? We may well doubt it. We may well doudt it,and not because the event of armed confliet has declared their cause jast and their enemisc unjast,but because the act is not murder.
 There are people dropping A-bomb.There are people who planed and command and
connived.such people are judging this Tokyo Trials!
The Allies used atrocity weapons “A-bomb” which is banned under the United Nations.
Moreover the Allise which slaughterd great many general citizens can’t have 
qualication to bring charges of japan.

■以下日本語訳

彼等(広島に原子爆弾を投下した者や、投下を計画した参謀長、その国の元首たち)は、殺人罪を意識していたでしょうか?していないでしょう。我々もそう想います。
それは彼等(米国)の戦闘が正義で、敵(日本)の行為が不正義だからではなく、戦争自体が犯罪ではないからなのです。
原爆を投下した者がいます。この投下を計画し、その実行を命じ、それを黙認した者がいます。その者達が(東京裁判を)裁いているのです。
連合国は、国際法で禁止されている原子爆弾という残虐な武器を使用しました。
さらに、多数の一般市民を虐殺した連合国が、日本の戦争を問う資格があるはずはありません。


★裁判での話の流れ
1947年(昭和22年)3月3日、東京裁判でイギリスやアメリカの法律や英語に不慣れな日本人弁護士たちを補佐するためアメリカ人弁護士たちが、日本人被告の弁護に当たりました。その一人であるブレークニーは、「原子爆弾という国際法で禁止されている残虐な武器を使用して多数の一般市民を殺した連合国側が、捕虜虐待について日本の責任を問う資格があるのか」とただしたのです。

連合国側はあわてました。

ウェッブ裁判長は「仮に原子爆弾の投下が国際犯罪であるにしても、アメリカがそれを行ったということは、本審理といかなる関係もない」と述べ、ブレークニーの発言を無視しようとしました。

しかし、ブレークニーは引き下がりません。「日本はその非法なる原爆投下に対して報復する権利を持つ。報復の権利は国際法の認めるところである」と応戦しました。


このため裁判長もついに、原爆投下以降、終戦に至る3週間の捕虜虐殺については、日本の責任を問わないことを言明したのです。


歴史をもともっと学んでいきたいと思います。
日本は、アメリカよりはるかに、古くから歴史が続いて今、現在まで続いている国です。
欧米のように殺戮も少なく、中国のような残虐な歴史もなく、平安時代などは、鍵すらなかったようです。
その点が、特徴なのではないでしょうか?江戸時代は、庶民文化が栄えたり、他の国ではないような特徴と文化をもっています









[PR]

by sahorikita | 2014-07-14 00:02 | Comments(0)
2014年 07月 07日

吉田清治の捏造本『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』を否定した、地元・韓国済州の新聞記事

f0350840_18165094.jpg

昭和58年(1983)年、吉田清治の著書『私の戦争犯罪・朝鮮人連行記録』が
韓国で翻訳・発売された際に、強制連行の舞台となったとされた済州の『済州新聞』
1989年8月14日に掲載された許栄善記者の署名記事


『済州新聞』 記事の大意は、以下の通り。

開放44周年を迎え、日帝時代に済州島の女性を慰安婦として205名を微用していたとの記事が刊行され、大きな衝撃を与えている。(省略) しかし、この本に記述されている城山浦の貝ボタン工場で15~16人を強制微用したり、法環里などのあちこちで行われた慰安婦狩りの話を裏付け証言する人はほとんどいない。島民たちは「でたらめだ」と一蹴し、この著述の信憑性に対して強い疑問を投げかけている。

 城山里の住民のチョン・タンさん(85歳の女性)は、「そんなことはなかった。250余の家しかない村で、15人も微用したとすれば大事件であるが、当時そんな事実はなかった」と語った。

 郷土史学者の金奉玉氏は「(略)83年に原本(『私の戦争犯罪・朝鮮人連行記録』)が出た時、何年かの間追跡調査した結果、事実無根の部分もあった。むしろ日本人の悪徳ぶりをしめす道徳性の欠けた本で、軽薄な商魂が加味されていると思われる」と憤慨した。

一人の嘘から始まったとんでもない作り話が、河野官房長官(平成4年8月4日)で、日本政府が公式に関与を認めたことになってしまったのだ。

f0350840_1818174.jpg


f0350840_18181174.jpg



信じられない事に、国連などに、従軍慰安婦の訴えをの活動、韓国のロビー活動の内容は、この嘘本を利用しているのです。嘘本を事実として、引用しているのです。
最近、河野談話の信憑性が、検証によっていいかげんなものだったことが、証明され、やっとここまできたのかと・・・・。嘘は嘘でしかない、嘘はいつかばれるとの思いの皆様の活動が実ったことだと思います。
ネットでの無数にある優良ブログによって、多くの人が真実をもとめていることに、心が動かされ、もっと多くの人に広まればと思っています。


捏造新聞の代表格の、朝日は、早く潰れろ!と思うのでした。


[PR]

by sahorikita | 2014-07-07 19:08 | Comments(0)