さほりさんの自虐史観からの脱却

sahorimatu.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 07日

死体から食用油ーここまでくるか!!中国の厄介な真実

f0350840_16514039.jpg

                      ≪香港の報道写真≫

香港の新聞が「火葬場の人油(死者の油)と廃油と混合した油が食用として流れたか」と警告している。

中国人が下水の油を加工して食用にしている問題はよく知られているが、実は5~8年前から、火葬場で死体から絞り取った人油が食用として流通しているのだという。以前から人油についての疑念はあったが、今回のケースのように大々的に報じられることはなかった。過去にナチスドイツが人間の死体から石鹸や油を製造したというプロパガンダが広まったことはあったが、それは事実ではない。人間の死体から油を製造し、しかも食用として流通させたなどという例は他に類がないのだ。


火葬場での油の収集方法は、極めて野蛮なものだ。火葬場や当局は死体から油を集めたことを否定したが、中国当局が事実を隠蔽して公表しないことは今に始まった話ではないので、今回の人油事件も当然の事実として、人々には受け止められているようだ。


2011年には100トンに及ぶ下水油が押収されて32名が逮捕された事件があったが、それは台湾やその他の国にも輸出されたという情報がある。

人油製品は主として香港向けに造られていると言われるが、日本に入って来ないという保証はない。

日本企業にも厳重な対応策を講じる必要があるだろう。


シナ人が胎児や人肉を喰うことは知っていたが、死体の油とは・・・・ゲッソリ。

火葬場では死体を焼きながら、鋭い鉄の棒で死体の腹に穴をあけ、破れて流れ出てくる脂を管で導いて大きなバケツに溜めるのだという。シナ人にもメタボが増えたから相当たまるのかもしれない。

地溝油に人油を混合したりして流通している可能性も考えられ、道徳心のないシナ人の行き着く行いに恐怖を感じるのでした。なんか吐き気がする。





[PR]

by sahorikita | 2014-11-07 17:38 | Comments(0)