さほりさんの自虐史観からの脱却

sahorimatu.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 26日

日本兵と結婚する慰安婦もいた―ビルマ・ミッチーナにおける米国戦時情報局心理作戦班「朝鮮人慰安婦」尋問報告書②

  水間政憲著 PHPより

1944年10月1日、ビルマ・ミッチーナにおける
 米国戦時情報局心理作戦班「朝鮮人慰安婦」尋問報告書

アメリカ戦時情報局心理作戦班/アメリカ陸軍インド・ビルマ戦域所属/アメリカ陸軍郵便局689番

日本人戦争捕虜尋問報告書 49号
尋問場所:レド収容所
尋問期間:1944年8月20日~9月10日
報告年月日:1944年10月1日
報告者:T/3アレックス・ヨリチ
捕虜:朝鮮人慰安婦20名
拘束年月日:1944年8月10日








■料金制度
 慰安婦の労働条件は陸軍によって定められており、人口密度の高い地域ではとくに厳格な規定が適用された。陸軍は混雑地域では
料金や優先順位、そして当該地域での作戦に従事する部隊ごとの利用割り当てを明確化した制度を設ける必要があると考えた。
尋問によって判明した利用制度は次の通りである。

一、兵    十~十七時    一・五円  二〇~三〇分
二、下仕官  十七~二十一時  三・〇円  三〇~四十分
三、将校   二十一~二十四時 五・〇円  三〇~四十分 

 これは、中部ビルマにおける平均的な利用料金である。将校は二〇円で宿泊することも認められた。ミッチーナでは丸山大佐が
料金を値切り、平均価格の半値ほどにまで引き下げていた。

■利用割り当て
 兵士は慰安所が混雑しているとして不満を漏らすことがあった。軍は時間延長に厳しかったため、サービスを受けずに引き返さざるを
得ないことがたびたびあったのである。この問題を解決するために、軍は部隊ごとに利用日を割り当てることにした。通常、該当する
部隊から二名の人員が遣わされ、慰安所の入り口で隊員を識別する役割を果たした。また巡回中の憲兵も秩序の維持に努めた。
第18師団がメイミョーに駐屯した折に「キョウエイ」慰安所で適用された部隊割り当てを次の記す。
 
日曜日 第18師団司令部
月曜日 騎兵隊
火曜日 工兵隊
水曜日 休業日、定期健診
木曜日 衛生態
金曜日 山砲兵隊
土曜日 輜重隊

 将校は週七日の利用が認められていた。慰安婦からは、この割り当てをしても混雑が解消しきれず、すべての客を相手にできないため
多くの兵士間にわだかまりを残してしまうという不満も聞かれた。
 将兵は慰安婦を訪れて料金を支払い、約五センチ四方の厚紙でできた利用権を受け取る。利用権の左側には料金、その反対側には
慰安所の名称が書かれていた。利用者はそこで身分または階級を確認され、その後「列に並んで自分の順番を待った」。
慰安婦には客を拒否する権利が与えられており、客が泥酔している場合などはしばし接客を拒否した。

f0350840_16331806.jpg
■報酬と生活環境
 「楼主」は慰安婦が契約時に負った負債の額に応じて、その稼ぎの総額から五〇%ないし六〇%を徴収した。
計算すると、慰安婦の売り上げは平均的な月で一五〇〇円程度となり、そのうち七五〇円以上が「楼主」に渡されていたことになる。
「楼主」の多くは食事やその他の備品に高い値をつけ、慰安婦の生活を圧迫した。
 一九四三年下期に入ると、軍は借金を返済し終えた一部の慰安婦の帰郷を認めるという命令を出した。慰安婦の一部はこれにより
朝鮮に帰ることを許された。
 女性の健康状態は良好であったことが尋問所により判明した。慰安婦には各種の避妊具が十分提供されており、利用する兵士が
軍から配給された避妊具を持参するケースも少なからずあった。衛生面に関しては、自己管理も利用者への配慮もしっかり教育されて
いた。週に一回、日本軍の正規の軍医が慰安所を訪れ、罹患していると認められた慰安婦は治療を受け、隔離され、のちに入院措置を
受けることになった。陸軍の部隊内でも同様の診察が行なわれたが、興味深いことに兵士は入院してもその間の給与が支払われた。

f0350840_17044102.jpg
■日本兵に対する反応
 慰安婦と日本の将兵との関係において、重要人物として名前が挙がったのは二名のみであった。具体的にはミッチーナ駐屯部隊
指揮官の丸山大佐と増援部隊を率いてきた水上少尉である。両名は正反対の人物で、丸山大佐が厳しく利己的で、部下への思いやりに
欠けた険悪すべき人物であるのに対し、水上将は心の優しい好人物であり、軍人としても立派で、何よりも部下を思いやる人物で
あった。大佐が慰安所に入り浸っていたのに対して、小将は一度も慰安所を訪れなかったようだ。丸山大佐はミッチーナ陥落後に
逃亡したようだが、水上小将は部下を撤退させられなかったことを悔やんで自決した。

■兵士の反応
 平均的な日本兵は「慰安所」で見かけられることを恥ずかしく感じるようで、慰安婦に一人は「混んでいるときに順番待ちをして
いるのを見られると、たいてい恥ずかしがる」と語っていた。そんななか、慰安婦に結婚を申し込むものも数多くあり、実際に
結婚に至ったケースもある。
 接客をする際に一番性質が悪いのは、酒に酔い、しかも翌日に前線行きを控えた将兵であると、どの慰安婦も口をそろえて言って
いる。だが、同じく全員意見が一致しているのは、酒に酔っていても日本兵は決して軍事的な事柄や秘密を語らないということで
あった。軍に関わる事柄を慰安婦の方から話題に出しても、将校や下仕官は決して語らず、むしろ「そのような話題は女性にふさわ
しくない」とたしなめられた。丸山大佐でさえ酔っていてもそのような話題を口にすることは決してなかった。
 兵士はよく、故郷から送られてくる雑誌や手紙や新聞をどれほど楽しみにしているかを語った。また缶詰や雑誌、石鹸、ハンカチ、
歯ブラシ、人形、口紅、下駄などが詰まった「慰問袋」のことも話題にあがった。口紅や下駄は女性ものであり、慰安婦からすれば
なぜそのような品々を故郷の人が送ってくるのか理解できなかった。送り主が自分のこと、あるいは「本土の女性」を思いおこさせ
ようとしたのではないか、というのが慰安婦たちの推測である。

f0350840_17392770.jpg
f0350840_17392240.jpg
ラングーンからビルマの各地へと派遣された慰安婦の行き先は、
アメリカ軍に攻略される前は平和であった。
そして、ビルマは独立し、日本軍は好意的に迎えられていた。
ビルマの独立後の自由な空気の中、慰安婦たちも買い物や、外出を楽しんでいました。


そういう事実が韓国にかかると、強制連行や性奴隷となるのです。
たしか性奴隷という言葉を最初に表明したのは、アメリカのクリントン大統領だったと記憶している。
「性奴隷といったらいいんじゃね」みたいなノリで。

慰安婦の方にもたくさんの自由があったことをお伝えしたく思い

1944年10月1日、ビルマ・ミッチーナにおける
 米国戦時情報局心理作戦班「朝鮮人慰安婦」尋問報告書
を引用しました。


 

[PR]

by sahorikita | 2015-07-26 17:53 | Comments(0)
2015年 07月 03日

慰安婦問題の真実―ビルマ・ミッチーナにおける米国戦時情報局心理作戦班「朝鮮人慰安婦」尋問報告書①

f0350840_12564022.jpg
  水間政憲著 PHPより

1944年10月1日、ビルマ・ミッチーナにおける
 米国戦時情報局心理作戦班「朝鮮人慰安婦」尋問報告書

f0350840_13504198.pngアメリカ戦時情報局心理作戦班/アメリカ陸軍インド・ビルマ戦域所属/アメリカ陸軍郵便局689番

日本人戦争捕虜尋問報告書 49号
尋問場所:レド収容所
尋問期間:1944年8月20日~9月10日
報告年月日:1944年10月1日
報告者:T/3アレックス・ヨリチ
捕虜:朝鮮人慰安婦20名
拘束年月日:1944年8月10日







■序
 この報告書は1944年8月10日ごろ、ビルマのミッチーナ陥落後に行なわれた掃討作戦において捕らえられた朝鮮人「慰安婦」
20名および日本人民間人2名の尋問に基づくものである。
 この報告書では、これら朝鮮人「慰安婦」が日本人によってどのように微集されたか、どのような環境で生活および労働を
したか、日本兵との関係や日本兵の対応がどのようなものであったか、さらには軍の動向をどの程度把握していたかを示す。
「慰安婦」とは福利厚生の一環として日本軍に所属する売春婦にほかならない。「慰安婦」という単語は日本軍独特の言い回し
であり、他の報告書では、日本軍が戦闘を行なう地域には必ず「慰安婦」が存在したと言及されている。この報告書は、
日本人により微集され、駐ビルマ日本軍に所属していた朝鮮人の「慰安婦」のみを対象としたものである。

f0350840_13255769.jpg ■微集
 
  1942年5月上旬、新たに日本の領土となった東南アジア
 地域にて「慰安」業務に携わる朝鮮人女性を微集するため、
 日本の斡旋業者が朝鮮を訪れた。この「業者」の内容は
 具体的に示されなかったが病院の負傷兵を見舞い、介助を
 したり包帯をまいたり、将兵を喜ばせる仕事であると考え
 られていた。
 斡旋業者は多額の金銭や家族の負債を返済する機会、楽な
 仕事、シンガポールという新天地での生活といった誘い文句
 を用いていた。こうした偽りのある説明を信じて多くの女性
 が海外での労働に志願し、200円~300円の前渡し金を受け
 取った。

  女性の多くは無学、無教養なだけであったが、なかには
  すでに「この世で最も古い職業」に携わっていた者もいた。
  彼女達は契約により、家族の借金返済のために受け取った
  前渡し金の額に応じて6ヶ月ないし1年の間、陸軍の規則に
  縛られ、戦時下の「慰安所の楼主」のための業務に就くこと
  となった。

  

約800名の女性がこのようにして微集され、日本人「楼主」とともに1942年8月20日ごろラングーンに到着した。女性は8名ないし
 22名の集団に分けられ、ラングーンからビルマの各地へと派遣された。派遣先は通常、日本軍の駐屯地近くの比較的大きな都市で
 あった。
ミッチーナへは最終的に四つのグループが派遣された。慰安所はそれぞれキョウエイ、キンスイ、バクシンロ、モモヤといい、
キョウエイ慰安所は「マルヤマクラブ」と呼ばれていたが、ミッチーナ駐屯部隊隊長の丸山大佐は名前がまぎらわしいと不快感を示
したため女性の到着にともない改称された。
f0350840_14390944.jpg ■人格
  尋問の結果得られた平均的な朝鮮人「慰安婦」像は次のとおりで
  ある。年齢は25歳前後で、教育を受けておらず、幼稚でわがまま
  である。日本の基準からいって白人の基準からいっても美しくは
  ない。利己的で自分の話ばかりをする傾向にあり、見知らぬ人の
  前では物静かで慎み深いように振舞うが「女の武器を心得ている」
  自分の「仕事」は嫌いだと言い、仕事や家族の話をしたがらない。
  ミッチーナやレドで捕虜になった際にアメリカ兵から親切にして
  もらったことから、アメリカ兵のほうが日本兵よりも優しいと感じ  ている。中国軍とインド軍を恐れている。

 ■生活と労働環境
  ミッチーナでは女性は個室のある二階建ての大型建造物(通常は
  学校の校舎)に宿泊していた。そこが女性の寝起きし生活する場で
  あり、また労働を営む場であった。ミッチーナでは「楼主」が食事
  を用意し、女性がそれを購入するかたちをとっており、日本軍から
の定期的な配給はなかった。ビルマでの慰安婦の生活は、他の地域と比べると贅沢とすら呼べるものであった。ビルマ駐在2年目はとくにそうで、食料や物資の配給は豊かでなかったものの、欲しいものを買うための金銭は潤沢に持ち合わせていた。彼女たちは服、靴、タバコ、化粧品などを購入できただけでなく、故郷からの「慰問袋」を受け取った兵士から多くの贈り物をされていた。
ビルマ駐屯中の慰安婦は将兵とともに運動行事に参加したり、ピクニックや演芸会、食事会などに参加して楽しく過ごした。
また蓄音機も所有しており、町では買い物に行くのが許されていた。



日本人戦争捕虜尋問報告書 49号を
そのまま書き写しています。
ビルマでの慰安婦の生活は、他の地域と比べると贅沢とすら呼べるものであった。ビルマ駐在2年目はとくにそうで、食料や物資の配給は豊かでなかったものの、欲しいものを買うための金銭は潤沢に持ち合わせていた。彼女たちは服、靴、タバコ、化粧品などを購入できただけでなく、故郷からの「慰問袋」を受け取った兵士から多くの贈り物をされていた。
ビルマ駐屯中の慰安婦は将兵とともに運動行事に参加したり、ピクニックや演芸会、食事会などに参加して楽しく過ごした。
また蓄音機も所有しており、町では買い物に行くのが許されていた。


性奴隷だとか、強制的に連れ去られたとか、もうやめて欲しいですね。
それと、この頃は売春は合法であり、彼女たちは仕事としてしていたのです。
韓国が「慰安婦問題」ばかり、嘘くその証言や時代考証がおかしい理論は、
その当時の人達をも辱める行為だと思うのですが、恥の感覚が日本人とは違うようです。







[PR]

by sahorikita | 2015-07-03 13:10 | Comments(0)