さほりさんの自虐史観からの脱却

sahorimatu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:文玉珠 ( 2 ) タグの人気記事


2015年 09月 22日

②妓生として生きる決断をした元朝鮮慰安婦「文玉珠」さん、松本と名乗る朝鮮人に「騙されて」慰安婦にされる

森川万智子氏が文玉珠さんの証言をまとめた『文玉珠 ビルマ戦線 楯師団の「慰安婦」だった私』
(1996年2月1日、梨の木舎)出版


森川万智子氏の著書を参考に水間政憲氏がまとめられた上記の本の内容を
紹介したいと思います。



■妓生として生きる決断をした文玉珠さん
  文玉珠さんは、妓生で生きると決断するまでの生活環境について、「なにかの都合で母が仕事をさせてもらえないときには、
 一日も二日も食べるものがないことがあった。わたしは鍋を抱えて坊さんのように近所をまわって、・・・・・・「食べるもの
 がぜんぜんありません。余ったごはんがあったらください」といって・・・・。何度も行く家のおばさんから『こんな大きなな
 りをして、働かないと乞食になるよ。子守や掃除をしたらごはんをあげるから、働きなさい』といわれ・・・・喜んで働いたも
 のだ。七、八歳のころだった」『(文玉珠 ビルマ戦線 楯師団の「慰安婦」だった私』(構成と解説・森川万智子:1996年
 二月一日、梨の木舎 上の写真の本からの引用)と語っていました。以下、同署からの引用文の出典は「前書」と記載します。
  文玉珠さんが妓生(キーセン)養成所に入る決断をしたときの実兄とのやり取りは、当時の朝鮮半島での妓生に対する一般的
 な見方として参考になります。
 「キーセン修行―――――十八歳:やはりキーセンになるしかない。十二歳のときに兄が、『両班の家の娘が女郎になりたいと
 いうか』といってわたしを殴って反対した。酒をのんで、歌をうたって、男の性の相手をすれば金になることを知っていた。
 どうせ普通の結婚はできない。どのように考えても、キーセンになることなしにわたしの未来はなかった」(前書)と語ってい
 たことは非常に重要です。


  それは、文玉珠さんも兄も当時、「妓生=女郎(売春婦)」との認識をもっていたことに加えて、妓生を「酒・歌・性」の
 三点セットと考えていたからです。

  もうひとつ重要なことは、文玉珠さんが十二歳のとき、すでに妓生になるのを決断していたことです。


f0350840_15342246.jpg
■妓生になった文玉珠さん
  ここで、文玉珠さんの非常に重要な証言を引用します。それは「タルソン検番に改めて入学した」(前書)と、一度入学していた
 のを認めていたことです。それは当然のように十二歳のときになるでしょう。となると、妓生養成所に入ったのは、文玉珠さんの
 方が金学順さんより早かったことになります。文玉珠さんの決断は、貧しさの度合いから当然のような流れです。
  そして、「芸事はなにもかも得意だったから、習うはしから身についた。とくにパンソリは、うたうことも、鼓手として太鼓を
 たたくことも師匠たちを驚かせるほどうまくできた・・・・声を張り上げ、こぶしを回してうたうと、気持ちが大きくなって清々と
 した」(前書)と、芸事の才能について語っていました。
  ここで「こぶしを回してうたう」とありますが、我が国でも「こぶし」は演歌に取り入れられています。ただし、もともとは
 朝鮮半島の旋律だったのです。淡谷のり子さんは演歌がきらいで、「戦前にはなかったのよォ~」と、常日頃、顔をしかめておしゃ
 っていました。
  文玉珠さんは物覚えがよく、妓生修行を一年足らずで修了し、妓生として働いたときに、募集広告を見て旅館へ向かっていったの
 です。


f0350840_15343692.jpg
 
■「騙されて」慰安婦にされた文玉珠さんたち
   文玉珠さんは「食堂の仕事」の募集広告で指定された釜山の旅館に複数の顔見知りがいて驚いたり、娘たちを引率するのが 
  顔見知りの朝鮮人「マツモト」だったり、また「六十歳を過ぎた朝鮮人の男と、その甥がいた」などと語っていることから、
  この業者たちは朝鮮人だったことがわかります。
   一九四二年七月十日、釜山港から南へ行く岸壁には、娘が150人から200人くらい集まっていたとのことです。
   そして、「15人から20人くらいに1人か2人、マツモトのような中年男がついていた・・・・・船は6000トンほどの貨物船
  だった」と、ミッチーナでの慰安婦の尋問調書と重複するところがかなりあります。

f0350840_13461605.jpg
■昭南(シンガポール)を経由してビルマへ
   文玉珠さんが、これから語るビルマでの慰安所生活では、米軍がミッチーナで作成した尋問調書を裏付ける証言が繰り返し
  出てきます。
   文玉珠さんは、募集広告に応募したときから「慰安婦」と薄々わかっていたようです。それは、普通に「食堂」の募集広告
  と信じていたのなら母親に行き先も仕事も隠す必要がなかったにもかかわらず、「母にさよならもいわずに出てきたことは
  間違いだったのではないかと思い、涙がはらはらと落ちた」(前書)と語っているからです。仕事の内容を察知して応募した
  からこそ、家出同然のように出てきたのです。
   文玉珠さんは、「騙されたとわかったときの娘たちの様子を「娘たちは天地がひっくりかえるぼど仰天した。ピー屋が何を
  するところか、知らない娘もたくさんいる。(前書)と語っており、43頁の『朝日新聞・南鮮版』の記事と重複するような
  内容です。
   実際、騙されたと知った文玉珠さんは「ああ、やはりそうか・・・・マツモトの様子がなにか変だったし、何か直感する
  ものがあった・・・・だましたマツモトにくってかかる娘もいた」(前書)とあり、このような事例が日本人にすりかえられ
  ていることは否めません。
   そして涙が涸れた娘たちに向かって朝鮮人のマツモトは、「軍人の相手をすれば金になるから我慢して働くこと。軍人は
  切符を持ってくるからそれを受け取って、1日分ずつを自分に渡すこと、朝鮮に帰るときに切符を合計した額を四分六に分けて
  六分をわたしたちに渡すからしっかり働くように、などと説明した」(前書)といいます。こうしてビルマでの文玉珠さんたち
  の慰安所生活がスタートしたのです。


■ 43頁の『朝日新聞・南鮮版』の記事と文紹介
 
f0350840_14221855.jpg
『大阪朝日新聞・南鮮版』(1939<昭和14>年3月30日付け)の記事

■日本の官憲が拉致・誘拐していたと韓国が批判する犯人は朝鮮人だった
  現在、世界中で日本の官憲が朝鮮人を「奴隷狩り」(拉致・誘拐)していたと暄伝されていますが、実際は、すべて朝鮮人の
 犯罪だったのです。戦前の朝鮮半島では朝日新聞と毎日新聞が「朝鮮版」を発行していたのであり、怪しげな元朝鮮慰安婦の
 証言よりも事実が確認できるにもかかわらず、いっさい自社の新聞を精査しないのは、「真実を報道すると都合が悪いから」と
 しか思えません。
  本頁と上の記事は、同一犯の事件の報道です。この記事は、『毎日新聞・朝鮮版』でも報道されていました。
  現在も北朝鮮では、冷害で餓死者が大量に出ていますが、当時の朝鮮半島の山地には、「火田民」と呼ばれた焼畑農業をして
 いた農民が多数おり、食いつなぐために娘を売ったりすることは頻繁にあったのです。
  そのような状況での人身売買でなく、より悪質な拉致・誘導を生業にしていた者がいたことも事実だったのです。
  朝鮮総督府が、そのような悲惨な「火田民」を救済するために、「北鮮開拓地域内における農耕適地調査はこのほどだいたい
 終了したので、近く実施測量に着手しその完成を持って後、いよいよ昭和10年度から一般に解放することになった。適地面積は
 測量を待った上でなければ正確に判明しないが、火田民の定着用地を除き一般に解放すべきものは約十万町歩の巨面積に上る見
 込みである」と、火田民を特別枠で優遇していたことも『朝日新聞・朝鮮版』は報道していました。


文玉珠さんは、貧しさから自分自身で
妓生になることを決心し、マツモトという朝鮮人に騙されて、
ビルマのミッチーナで慰安婦生活を送ることになったのです

創始改名は、「日本が名前を奪ったのではなく、朝鮮名だと信頼されにくいことから日本風の名前に変えて欲しいという、
朝鮮人が嘆願して、日本政府が応じたわけです。日韓併合では、朝鮮人も日本人なのだからということで日本名を強制ではなく
変えたい人は申し出てくださいということで、受付に行列ができた。
このマツモトという朝鮮人も創始改名をした朝鮮人なのです。
だから、日本人名を名乗っていても、朝鮮人であることも多かったという背景が、よけいに慰安婦問題をややこしくさせている
と思います。

水間正憲氏の資料の確かさと、歴史検証はたいへんすぐれていると思います。
戦後既得権益者である左翼は嘘をつきとうそうと、変に感情にうったえたり、屁理屈をいいますが、
歴史に関しては事実だけが大切だと思います。
 



[PR]

by sahorikita | 2015-09-22 15:10 | Comments(0)
2015年 09月 06日

①貧しさのどん底から人生が始まった元朝鮮人慰安婦「文玉珠」さんと、朝鮮総督府時代の日本人と朝鮮人の比率を紹介

f0350840_15335401.jpg
森川万智子氏が文玉珠さんの証言をまとめた『文玉珠 ビルマ戦線 楯師団の「慰安婦」だった私』
(1996年2月1日、梨の木舎)出版


森川万智子氏の著書を参考に水間政憲氏がまとめられた上記の本の内容を
紹介したいと思います。

■貧しさのどん底から人生が始まった元朝鮮人慰安婦「文玉珠」
  元朝鮮人慰安婦の二台看板だった文玉珠さんと金学順さんには共通点があります。それは、貧しい環境から母親に妓生養成所に
 売られた金学順さん、父親が早死にして物乞い寸前のどん底の生活環境に育った文玉珠さんの境遇です。
  当時の社会での、妓生の実態については107頁から詳しく解説します。
  ここからは、物乞い寸前の環境から妓生、そして慰安婦と流浪した文玉珠さんの人生について、森川万智子氏が文玉珠さんの
 証言をまとめられた『文玉珠 ビルマ戦線 楯師団の「慰安婦」だった私』(1996年2月1日、梨の木舎)を参考にし、ところ
 どころ引用させていただきました。
  文玉珠は、当時、朝鮮半島の三大都市のひとつ大邱で、1924年に生まれました。下の写真は文さんが生まれた頃の大邱府西門市場
 の風景です。
f0350840_15341013.jpg
  文玉珠さんも金学順さんと同様に、前述の書の中で「強制連行」されたと証言していました。しかし、それらの証言は、日本の
 戦争責任を追及する「韓国挺身隊問題対策協議会」が結成された1990年以降であることに加えて、日本政府ならびに朝日新聞も
 日本の官憲による慰安婦の「強制連行」を示す証拠はないと判断していますので、文玉珠さんが満州へ「強制連行」されたとの
 証言は引用しておりません。ちなみに、その頃の『朝日新聞・朝鮮版』は、朝鮮人が朝鮮人の女子を誘拐して、満州方面に売りとば
 していた事件を報道していました。また、地方の巡査を含む公務員のほぼ100%が朝鮮人だったことは、55頁の資料で確認できる
 とおりです。
その頃の『朝日新聞・朝鮮版』の記事が下記のもの。
f0350840_16584028.jpg
1938年12月4日「東亜日報」より
「群山の紹介業者、田斗*(38歳)は、去る11月15日、釜山に住む*テイコ(19歳)と同じ市内の管*静香(17歳)を
満州で就職を世話してやると甘言を用い、さらに遊郭に売るという委任状を偽造しようと、
群山につれていこうとしている時に召還、現在取調中・・・・」とある(一部略)



著者が55頁にての紹介記事は下記。
f0350840_17172328.jpg
■朝鮮半島における公吏(公務員)・公職者(議員)の日本人と朝鮮人の比率
  この図は、『朝鮮年鑑』など様々な資料本にも掲載されていなかった貴重な資料です。たまたま『写真帖 朝鮮』を調べ終わって
 頁を閉じる前にめくった頁に付いていた資料でした。
  何が貴重かと申しますと、日本統治時代に朝鮮半島の行政機関が整備され、朝鮮総督府をピラミッドの頂点として、その下に
 「府」「郡」「島」「面(村)」と組織化されていたことです。
  著者が知りたかった日本人と朝鮮人の比率は、面(村)の公吏(地方公務員)でした。それは、元朝鮮人慰安婦が、面(村)で  
 警察官や役人に騙されたとか「拉致」され慰安婦にされたと解釈できる証言があったからです。この資料によると面(村)の公務員の
 日本人(内地人)と朝鮮人の比率は、日本人100人に対して、朝鮮人は44,896人となっており、日本人の比率は、わずか「0.2%」
 ですので、地方の村の巡査を含め、すべて朝鮮人と判断しても差し支えない数値です。

  また、面(村)の村会議員の比率は、日本人645人に対して、朝鮮人は23,515人で、日本人の比率は「2.7%」です。
  この資料の数値は、1933年(大正10年)のものですが、1933年(昭和8年)の一三道議会員の朝鮮人の比率は「81%」でしたので
 この大正10年の道議会の朝鮮人の比率が「76%」だったことから、朝鮮半島での教育の充実とともに、指導者層の朝鮮人が相対的に
 増えても減少することはなかったと判断できるのです。
 

 

じっくりと日韓併合によってどのような統治が行なわれていたのかを知る人は少ないと思います。
日韓併合では、以外と日本人の人口は少ないのです。事実をありのまま想像できる資料は大切です。
写真や資料で説明している貴重な歴史家、水間政憲氏に感服しています。

金玉珠さんの道のりの最初の時代背景を紹介しました。
貧しかった生活からの金王珠さんの次の道のりつづく・・・・・。
次回に!!









[PR]

by sahorikita | 2015-09-06 21:47 | Comments(7)