さほりさんの自虐史観からの脱却

sahorimatu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:旅順大虐殺 ( 1 ) タグの人気記事


2014年 09月 25日

厄介な中国の真実―日本軍に無実の罪を着せる中共

f0350840_1432132.jpg

↑日韓併合の頃の中国は、ロシア、イギリス、フランスの植民地化が進み、清国はどんどん侵食されていました。

f0350840_14322496.jpg

↑侵食される前の清国はこのように広大でした。

f0350840_14323130.jpg

↑中華民国となった時は、清の生き残りの溥儀を傀儡国家満州国を日本は建国します。

f0350840_14323779.jpg

↑中国の民族分布は、大まかにみていくとこのようになっています。
清国は、漢人の国ではなく、ロシアの北方からやってきた満州人が建てた国で、中国の漢字ではなく、重要な事は、満州語(チベットの文字に似ている)でやりとりが行われていました。
この時点で、満州は今現在の中華人民共和国とは、全く別のもという認識をしなければなりません。

中華民国は日本では1つの国という認識ですが、実際は群雄割拠状態で、内乱状態です。この頃、満州人達は、満州人だというだけで、迫害されることになり、命を守るため言葉も捨て、文化も捨て、同化していきました。今現在、日本に来て、満州人のアイデンティティを知りたいという学生がいます。


日本軍に無実の罪を着せる中国共産党
 やっと本題にはいります。

 中国人を最も多く虐殺した国家は、中国を除けばロシアである。ロシア軍が満州侵略した際には数百万の満州人と漢民族が虐殺されたと言われる。
 ところが習金平は過去の歴史について日本は非難してもロシアとは友好関係を演出することにしか頭にない。中国の近現代史の教科書はロシア軍が満州で中国人を虐殺している写真を掲載し、そこに「日本軍が旅順に侵攻して中国人を虐殺した」と説明をつけている。
これ1つとっても中国人が真実の歴史を学ぶのが難しいことがわかる。前出の教科書には、日本軍は旅順で中国人を1ヵ所に集めて銃や刀で惨殺したのでまともな死体は1つもなく、中国人の受難者は2万人以上だとしている。全く事実無根の捏造である。
 
 2014年5月21日の『阿波羅新聞』では、事実を報道するために同写真を「ロシアによる東北での狂気の大虐殺」として、日本軍の行為と改竄している教科書を痛烈に批判している。

 中国共産党は、尖閣諸島略奪のため、「尖閣諸島は中国領土」と書かれていない教科書を回収した過去がある。中国共産党の作った教科書にも尖閣諸島が日本の領土と書いてあるものが多数あったのだが、それは全て焼却された。中国共産党の歴史は日常的に改竄されている。

都合が悪くなれば、ロシアに関する歴史も新たな改竄が加えられるだろう。

毛沢東は、日本軍のおかげで中国共産党が勝てたと日本へお礼を言っています。
蒋介石は、南京大虐殺にはいっさい言及していません。
当時の日本軍を知っていた頃の中共は、日本軍をまのあたりに知っている頃の中共は、敵ではあるが、お互い戦地を駆け巡った軍として、敬意をはらっているのです。そんな事は知らない中国共産党の次の世代は、歴史なんかどうでもいいし、日本から金を巻き上げる為の道具としての歴史をプロパガンダに使っています。

そんな恫喝は、無視しましょう。そして、そのからくりを多くの人が知って欲しいと願います。

f0350840_15212850.jpg

こうやって着々と捏造の展示を作っています。

(ふと、中国の歴史を詳しく知って行くうちに、多くの誤解に気が付いた主婦です)


[PR]

by sahorikita | 2014-09-25 15:25 | Comments(0)