さほりさんの自虐史観からの脱却

sahorimatu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:日米開戦 ( 2 ) タグの人気記事


2016年 06月 28日

19.フーバー大統領が明かすルーズベルトの罪状(日米戦争を起こしたのは誰か) ★戦後世界に共産主義の種を撒いてしまった事

f0350840_16023738.jpg
第三代アメリカ合衆国大統領 任期(1929年~1933年)
ハーバード・フーバー(Herbert Hoover:1874~1964年)

f0350840_16032595.jpg
2011年にフーバー研究所から刊行された
フーバー大統領の膨大な回想録
『フリーダム・ビトレイド』(裏切れれた自由)
この著書は全900ページを超える大著。日本では、訳本はまだ出ていない。
フーバーはこの大著で、東京裁判史観を真っ向から全否定している。

f0350840_16033879.jpg
フーバー大統領の著書を部分的にエッセンスをまとめた本がこちらである。
こちらの本の中の一部、フーバー大統領が指摘した19の過ちを紹介したいと思います。

■第19の過ち 戦後世界に共産主義の種を撒いてしまった事
  「モスクワ会議、テヘラン会議、ヤルタ会議、ポツダム会議そして誤れる対中政策を通じて、第3次世界大戦を引き起こす
  危険のある竜の歯が、世界中の至る所にばらまかれた。その結果何年もの「冷戦」が続き、おぞましい朝鮮戦争が勃発し、
  北大西洋同盟が弱々しく成立したが、アメリカが再び敗北する危険は常につきまとっていた。〔抄訳〕(p132より)
   
  
 The Dragon's Teeth of World War Ⅲ
 Nineteenth. From the Moscow, the Teheran, Yalta and the Potsdam Confer, the policies as to China, the dragons
 teeth of a third world was were sown in every quarter of the world and we were to see "the cold war" overyears
 and finally the hideous war in Korea and the feeble North Atlantic Alliance with all its dangers of American defeat
 again.(以下省略、原典P882)

 
 説明の対談は藤井厳喜氏×稲村公望氏×茂木弘道氏
 対談の内容の解説を分かりやすくまとめました。↓

19番目。モスクワ、テヘラン、ヤルタ、ポツダムの会議そして対中政策の錯誤が重なって、冷戦の原因になっていきます。
 まず朝鮮戦争、ベトナム戦争になった。NATO(北大西洋条約機構)もできたけれど、脆弱だとフーバーは見る。
 第3次世界大戦を引き起こす可能性のある「竜の歯」が世界の至る所にばらまかれた。この「竜の歯」という表現は、
 「災いの種」という意味で、ギリシャ神話からきた表現でたいへん面白い言い方をフーバーはしています。
 アメリカは、共産中国を成立させ、上半身が共産党独裁、下半身が擬似資本主義みたいなへんてこなものを作ったと。
 ソ連との冷戦が第3次世界大戦とするならば、米中新冷戦は第4次世界大戦かもしれないと読み解いています。

 対談者の方々は、ルーズベルト政権はアメリカの国益を代表した政権でもなんでもない。どんな政権でも国益の一部を代表
 するに過ぎないだろうけど、F・ルーズベルト政権ぐらい大きくアメリカの国益に反していた政権はなかったのではないか?
 中国共産党を伸ばしたのはアメリカであり、人物として、まずはじめはフランクリン・ルーズベルト。次はリチャード・
 ニクソンである。

 ルーズベルトの罪状は、19番目で終わるのですが、やはり最後は、キリスト教の原則にもどって、共産主義が広まるのを
 許してきたのは間違っているとフーバーは締めくくっています。1952年、アイゼンハワーが当選したとき、それをもって
 良きアメリカの復活の兆候だというところで、この記述は終わります。


 ★しかし、それから時間は随分と流れ、中国のAIIBの発足にヨーロッパの国がアメリカの意に反して加盟した。
  アメリカはここから親中から反中へと流れを変えている。
  フーバー大統領の予言とも思われる分析能力には誠実さと、現実に即したまなざしに強い共感を感じました。
  もしよろしかったら、著作を手にとって欲しいと思います。



[PR]

by sahorikita | 2016-06-28 20:53 | Comments(0)
2016年 06月 07日

6.フーバー大統領が明かすルーズベルトの罪状(日米戦争を起こしたのは誰か) ★警戒心を持った忍耐政策をとらなかった事

f0350840_16023738.jpg
第三代アメリカ合衆国大統領 任期(1929年~1933年)
ハーバード・フーバー(Herbert Hoover:1874~1964年)

f0350840_16032595.jpg
2011年にフーバー研究所から刊行された
フーバー大統領の膨大な回想録
『フリーダム・ビトレイド』(裏切れれた自由)
この著書は全900ページを超える大著。日本では、訳本はまだ出ていない。
フーバーはこの大著で、東京裁判史観を真っ向から全否定している。

f0350840_16033879.jpg
フーバー大統領の著書を部分的にエッセンスをまとめた本がこちらである。
こちらの本の中の一部、フーバー大統領が指摘した19の過ちを紹介したいと思います。

■第6の過ち 警戒心を持った忍耐政策を取らなかった事 
  「ルーズベルト大統領は、ヒトラーがロシアを攻撃することを知っていて、ロシアに情報も提供していた。ドイツに対する
  宣戦布告無き戦争を回避すべきであった。貸与法に関しても、イギリスに対しては金融支援のみに限り、その資金でイギリスが
  独自に、軍需品、糧食や船舶を購入できるようにすべきだった。これならば国際法の許す範囲内であった。政治の大道から
  すれば、あの緊急事態の中で、注意深くじっくり待つ政策をとることが必要であった」〔抄訳〕
   
  
 Failure in Watchful Waiting
 Sixth.In the weeks before Lend-Lease and its war powers were were forced upon the American people, Roosevelt knew
definitely of Hitler's determination to attack Russia, and he informed the Russians of it ..........(以下省略、原典P878)

 
 説明の対談は藤井厳喜氏×稲村公望氏×茂木弘道氏
 対談の内容の解説を分かりやすくまとめました。↓

6番目は、アメリカは宣戦布告なき戦争などをせず、国際法の範囲でイギリスに経済援助して、これで武器を買ってもらいえば
 いい。この武器の購入は、イギリスの借金になるから戦争に加担しているわけではない。注意深く戦争の外側にいて、慎重な
 判断をすべきであったと、フーバー大統領は述べている。
 英文での赤字の部分に注目して欲しい。
 レンドリース法というのは、単に援助を与えるだけではなく、大統領にに権限を与えて、その判断でアメリカの船つまり軍艦も
 イギリスに使わせるということが出来る法律であった。
 本来、アメリカでは宣戦布告の権限は、大統領ではなく議会にある。議会が決定しないと宣戦布告ができない。それなのにこの
 法律だと、議会の承認なしで、戦争に関わる権限を大統領に与えていることになると解説しています。

 注*レンドリース法
   武器貸与法ともいう。アメリカがイギリス、ソ連、中国などの連合国に軍需物質を提供するために1941年に定められた。
   45年までに総額501億ドルの物資が提供された。

 これを読んで思うのは――
 アメリカもこの時期、戦争前にかなり大統領の権限が拡大され、ルーズベルト大統領の独裁体制のようなものが出来上がって
 いたように思えます。
 またルーズベルト大統領は、公約にてヨーロッパの戦争には加担しない事と、政府の借金を減らす公約をしていたにも関わらず、
 戦争が終わったあとのアメリカは、膨大な借金だけが膨れ上がった。
 ルーズベルト大統領は、アメリカ国民のことを考えていたのであろうか?私は非常に疑問を持っています。

 
   

 
 

[PR]

by sahorikita | 2016-06-07 22:02 | Comments(0)